HDDデータ復旧のライフセーバーズ トップへ
奥山電脳工房ホームページも併せてご覧下さい。
データ復旧のことなら奥山電脳工房
ハードディスク(hdd)基盤交換 データ復旧の基礎知識 hdd プラッター 異音(カコン) 分解 hdd 磁気ヘッド ヘッドアンプ buffalo USB接続 外付け3.5インチ ハードディスク、linkstation terastation他 Mac ibook HDD交換、データ復旧
hdd異音発生のメカニズム hdd基盤 hdd復旧mac編 フラッシュメモリーの復旧

<<データ復旧 ハードディスク編 その1>>

基盤交換をしてもそのHDDは認識しません

ハードディスク基盤(基板)とファームウェアの密接な関係

HDDメーカ工場でのHDD生産方法

HDD基板 ROM上にファームウェアの一部が搭載されております

基盤(基板)というキーワードで検索され、このページにこられる方がたくさんいらっしゃいます。

結論から言うと”基板交換”してもデータ復旧は出来ません。


ハードディスク(hdd)の基板を交換してもデータ復旧できない理由
ハードディスク基盤(ロジック)に関する基本的知識(MAC Windows linuxすべてのATAハードディスク共通
 

一般にIDE(SATA含む)ハードディスク(HDD)はファームウェアが基板上のフラッシュメモリ(またはROM)とディスク上のトラック0エリア内の両方に書き込まれております。

コスト削減のためフラッシュメモリは最低限の容量しかないため、最近の肥大化したファームウェアは入り切りません。

そのため、ハードディスク自身のの起動の初期段階に最低限必要な部分だけがフラッシュメモリーに書き込まれております。

<HDD基盤上のフラッシュメモリ内にある最低限の起動情報とは>
1.スピンドルモータの回転開始及び規定の回転数にあげるまでの制御情報
2.VCM(ボイスコイルモータ)に電流を流し、ヘッド(アーム)を動かし、サーボ情報から位置情報を検出、規定の場所まで移動する
3.PC側のIDEコントローラとの通信を開始する
4.その他 そのロットのヘッド固有のパラメータ等
 
<ハードディスクの起動>
 

HDDに電源が投入されると、リセットがかかり フラッシュメモリー内のファームウェアを読みに行きます。フラッシュメモリー上の情報を読み込んだ後、メモリ上のファームウェアに基づき ヘッドがトラック0位置まで移動し、ファームウェアの残りの部分を読み込みます。

全ての情報を読み終わると ”ハードディスクとして起動”、PC(Mac )側からのアクセス待ちの状態となります。  
※ハードディスクとして完全に起動しないとBIOSからは見えません。

 
 
<重要>ハードディスクの基盤(基板)を交換した場合の問題点
ファームウェアが一致しないため起動しません
 

起動時 フラッシュROM内のファームウェア情報に基づき ヘッドは所定の位置へ移動 トラック0上の残りのファームウェアを読み出しに行きます。

基盤が交換されファームウェアの内容が異なっていると 誤った情報を元にブートを開始、様々なパラメータが(位置情報、ヘッド固有の情報等)異なるため 当然 残りのファームウェアが読み出せません。

通常は起動しないだけ(ファームウェアを読み出せない)ですが、本来メーカーでも想定されていない事態ですので組み合わせによっては何が起きるか分かりません。

また、交換したハードディスク固有のパラメータ(ヘッド補正情報等)によって自動修復され 症状を悪化させるケースもあります。

 

スピンアップ(回転)しないHDDの基盤を交換して”回転するようになったが・・・”と云うお問い合わせをよくいただきます。

これは何の解決にもなりません。この作業により症状を悪化させることが多いようです。

 

BIOSで認識しない、マウントしないHDDの データ復旧出来ます

 

BIOSからハードディスクを認識しなくても大丈夫です。BIOS認識できるHDDは”HDD単体としてはほぼ正常な状態”です。

プラッター上のファームウェアの読み込みまでが出来ています。

私どもがデータ復旧のご依頼を受けるHDDのほとんどはBIOSで認識しない状態です。

BIOSで認識しなくとも諦めずにお問い合わせください。 単純な論理障害かもしれません。


データ復旧するために
 

大切なデータが入っているHDDは決して基盤交換をしないでください。

もし、基盤交換をしてしまったら(業者に替えられてしまったら) 、元の基盤に戻して 私共にお送りください。
*”どちらの基盤かわからなくなった” ら両方のハードディスクをお送りください。

 


奥山電脳工房 問いあわせ・申し込みフォームへ

データ復旧に関して詳細に知りたい方は (電話)053-542-1919  杉山までお気軽に

  こちらのデータ復旧に関する項目も併せてご覧下さい。
プラッター交換の謎?
実例

以前 復旧後依頼いただいたお客様のHDDですが ある業者に復旧依頼したところ
”ヘッド交換、プラッター交換したが復旧不能でした”との回答とともにも戻されてきたとのこと

当社にて調査したところ ファームウェアが一致しない基盤に交換した上 プラッター上に指紋がべたべたとついておりました。

技術力不足で復旧できないは致し方ないにしても、 このような業者がデータ復旧を標榜していること 本当に残念です。

<同一メーカー、同一型番でもロット毎にファームウェアが異なる理由=HDD製造方法>

HDDを生産する場合 ハードディスクメーカーはまず生産計画に基づきそのロットを生産するのに必要な部材を手配します。
(同等であればより安価なもの、より入手が簡単なものを手配することになります)

手配した部材の特性、使用目的にあわせ 最適なファームウェアを書きます。


  ファームウェアが異なる理由の主なもの
1. 用途による違いの例
 

HDDはあるブロック(セクター)でリードエラーを起こしたときリトライを 繰り返す事によりデータを読み出そうとしますが

a.)ビデオレコーダー用HDDの場合
リトライを何度も繰り返すと音声や映像がとぎれるため補整機能に頼ってそのブロックのデータを読み飛ばす。

b.)パソコン用(データ用)の場合
極力そのデータを読みだすためリトライをより多く繰り返す。

等、その用途に最適なファームウェアを使用します。

   
2. 部材の特性に対する最適化あるいは補整
  使用する部材の特性に合わせたり、(ヘッド等)個々のばらつきを補整する情報を追加します。
   
3. OEM先(パソコンメーカー、家電メーカー等)の要求
  ”動作音を小さくしたい”、”読み出しを早くしたい”等 OEM先の要求に従ったファームウェアとなります。
 

※大手企業の製品(PC、AV)メーカーが使用しているものはほとんどがそのメーカ向けの特別仕様と考えられます。そのため同等のファームウェアを持ったHDD(ロット)は 一般市場では流通しておりません。

   
これらの理由により 多くの場合、同じ製品(型番)でもロットごとにファームウェアが異なります。
こう書くとまるでHDDメーカーが自分の都合でデータ復旧作業を混乱させているように見えるかもしれませんが、こういったHDDメーカーの必死の努力が大容量、かつ安価なHDDを実現しているのです。

これらは内蔵、外付けハードディスクすべてに共通です。と言うより本来 内蔵用、外付け用という別のHDDの機種があるわけではありません。
また、Mac、Windows、Linux或いはNASであっても 基本的に同じHDDを使用しています。OEM供給用には それぞれのメーカー、機種にあわせ調整、選別されたものを使用していることがあります。

<余談>
コンピュータに使用するHDDはデータの確実性を高めるために、読めないブロックのリトライを繰り返します。ビデオレコーダー用HDDはリトライを繰り返す事による 画像や音が途切れることを嫌い データ補間機能に頼り リトライ回数を減らしているようです。

奥山電脳工房のデータ復旧データ復旧可能ファイルリスト作成無料
リストの内容とお見積もりを見てからデータ復旧するかどうかお決めください。

コンピュータサポートを行っている業者様、遠慮なくお問い合わせください。
ハードディスクに関しての相談だけでも、結構です。できる限り力になります。

※Mac、Linux、NAS、RAID、暗号化ソフトを適用したHDD等 他の業者さまで復旧できなかったHDDあきらめずにお問い合わせください。

暗号化ソフト対応可能(safeboot、securerock,秘文等)

事業者 奥山電脳工房
電話

053-542-1919

ソフトバンクのかたは  090-7952-5267

AUの方は  090-3559-8422

データ復旧に関して詳しく知りたい方、不安な方は杉山までお気軽にどうぞ

メール

sugi@den-now.com
フォーム  奥山電脳工房 
問いあわせ・申し込みフォームへ
奥山電脳工房データ復旧問い合わせ
所在地 静岡県浜松市北区引佐町井伊谷746-3
年中無休 10:00〜21:00
緊急時は時間外でも受け付けます

データ復旧ライフセイバーズhdd  メモリー データ復旧トップへ TOPへ

QRコード 携帯の方はこちらからコンテンツ、 住所、電話番号、メールアドレス等にアクセスできます